米軍チム飛行場


(空から見た沖縄戦 沖縄戦前後の飛行場 より)


(金武町地形図 より)

米軍が金武町に作った、チム飛行場です。現在はキャンプ・ハンセンとなっています。
地図で見てみますと、現在のキャンプ・ハンセンのかなり奥、沖縄自動車道に近い所が滑走路だった様です。

キャンプ・ハンセンです。基地内にはオープンベースでも無い限り、通常は入れませんので、中が覗けるビルの上から失礼します。
この基地全てが飛行場の敷地だった所で、奥の方に滑走路が有ったと想像されます。
地図上で見る限り、痕跡は全く無さそうですね。

 
 
沖縄発 役に立たない写真集 >> 地図から消えた飛行場 >> 米軍チム飛行場