大典寺

沖縄は、1609年の薩摩の侵攻以降、宗教統制が行われ、臨済宗と真言宗以外の仏教は禁止されていたそうですが、ここは浄土真宗だそうです。なんでも、1879年の琉球処分以降の宗教統制解除を以て、布教の為に作られたとか。
そういう事を抜きにしても、とても個性的な建物です。この寺院の元は、福井県鯖江市の真宗寺本堂が原型で、さらに遡れば、大乗仏教の遺跡ボロブドゥールの意匠を随所に引用して、当時の東京大学建築学科教授、伊藤忠太教授が設計した築地西本願寺まで行き着くそうです。

今は無き、私立積徳高等女学校の慰霊碑です。戦時中、豊見城にあった旧日本軍の第24師団第2野戦病院壕に65名が挺身し、4名がお亡くなりになったそうです。

境内にあるこの建物、旧積徳高等女学校の花園寮だったそうですが、元々は1928年に、今の少年院に相当する施設である感化院「球陽学園」として建てられたという、那覇市内に現存する最古の建物だそうです。戦後は、米軍に接収されたり、沖縄民政府工務部や琉球政府企画統計局が使用したりと、正に歴史の生き証人の様な建物ですが、残念な事に取り壊されてしまいました。

 
 
沖縄発 役に立たない写真集