米軍福地飛行場跡


(1945年12月10日 米軍空撮)
(空から見た沖縄戦 沖縄戦前後の飛行場 より)

米軍の小型飛行場として、糸満市福地に建設された飛行場です。
地図と比較すると、道路の特徴に、当時と今と、余り変化が無い様です。

写っている道路が、地図上では滑走路とほぼ並行に走っている道路です。おそらくこの道路の右か左か、もしかすると道路自体が滑走路だった所を走っているのかも知れません。
この飛行場について何か資料は無いかと、糸満市中央図書館で色々と探しがして見たものの、当時この飛行場で米軍がどの様な活動をし、いつどういう経緯で接収されたのか、また返還されたのはいつだったかは全く判りませんでした。ただ一つ、ここ福地の米軍キャンプに、糸満の若者グループが泥棒に入り逮捕されたという事件があったという事だけが判っただけでした・・。

 
 
沖縄発 役に立たない写真集 >> 地図から消えた飛行場 >> 米軍福地飛行場