旧日本海軍特攻艇秘匿壕

読谷村渡具知にあります。
比謝川の河口付近にポコポコ開いた穴が、嘉手納側から読谷側を見ると確認できます。ここが第二次世界大戦時に、旧日本海軍が特攻艇を隠し、格納する為に作った壕だそうです。現在は、いくつかの穴が、小舟を収納する為に使われている様ですが、残りは放ったらかしにされてます。

一つの穴を覗いてみました。
中はゴミだらけ・・・。ここにゴミを不法投棄する輩がいるのでは無く、海上を漂っていたゴミが、台風や高潮などで中に打ち上げられた物が溜まっている様です。海は綺麗にしましょう・・・。

もう少し中に入ってみました。奥深く、意外と丁寧に掘られているのがわかります。終戦後半世紀を経て、いまだにこの状態で保っているのが凄いです。天井が低いのは、おそらく砂が中に入り込んで、埋まりつつあるからだと思います。他の壕は、もっと天井が高かったです。
・・・にしてもゴミだらけ・・・。

若者達はここから何を想い、どの様な風景を見ながら出艇していったのでしょう・・

 
 
沖縄発 役に立たない写真集