ホテルハイビスカス
ロケ地探訪問

「ホテル ハイビスカス」
映画の中心となる場所。左、白い自動車が止まっている所が、父ちゃんのやっているビリアード場の入口。
名護市辺野古
 
 
ホテルハイビスカスの前のバス停の有った場所。
母ちゃんとサチコがアメリカに行く時や、美恵子が、東村に働きに行った父ちゃんを探しに行く時、ここからバスに乗る。

実際はバス停も無ければ、バスも走ってはいません。
名護市辺野古
 
 
ホテルハイビスカス前の坂道
行き倒れになったヤマトからの旅行者「能登島」をショッピングカートに乗せて、美恵子、ガッパイ、ミンタマーが駆け下りた場所。
名護市辺野古
 
 
「渡具知ストアー」
ヤマトからの放浪者、能登島が倒れた場所。また、美恵子がこのストアのおばさんにキジムナーの事を教えて貰う。

実際に映画と同じ名前で営業しています。
名護市辺野古。
 
 

キジムナータンメーが小屋を造って住んでいたガジュマルの木
登川誠仁先生演じる「キジムナータンメー」がこの木の上に小屋を造って住んでいる。美恵子はここで、キジムナータンメーと一緒に歌を歌ってる時に、キジムナー(妖精)と出会う。

実際は、久志観音堂の境内にあるガジュマル。本当にキジムナーが住んでいそうな所で、「ホテルハイビスカス監督日記」によれば、撮影中穂波さんが実際にキジムナーに逢ったらしいです。
名護市久志

 
 
美恵子が父ちゃんを探しに、東村にある具志堅さんのパイン畑に行くとき、バスを乗り換えたバス停。

実際に使われているバス停です。木と木陰に有る「バスのりば」と書かれたベンチが良い感じですね。
名護市久志
 
 

米軍基地「CAMP KING JOE」のGATE2
美恵子、ガッパイ、ミンタマーの3人がキジムナー探しに忍び込んだ米軍基地。訓練中の米兵に捕まり、ジョージ・キングジュニアという名の隊長にこのゲートまで送ってもらう。キングジュニアをキジムナーと聞き間違えた美恵子、彼を人間に化けたキジムナーと信じてしまう。実は母ちゃんの昔の恋人で、ケンジにぃにぃの父親であった。
後日、ジョージから任務で沖縄に来ているから、母ちゃん、ケンジと合いたいと手紙を受け取った母ちゃん、このゲートで再開することになるが…

実際は、キャンプシュワブに挟まれた所にある名護市辺野古浄水場の入口です。復帰前、沖縄の水道は軍が管理していたという事もあり、いかにも米軍基地然としたイメージです。
名護市辺野古

映画にて軍装品の協力をされた「いは軍払い下げ店」さんのサイトに撮影時のエピソードが書かれています。
http://www.ihagun.net/mil/h.hai/h.hai.html

 
 

美恵子、ガッパイ、ミンタマーが、米軍基地の中に古い小屋を建てて住む「マヤー食い」オバァに出会った所。

玉城村にある琉球ゴルフクラブの端。元米軍基地で、所々に当時の古いハウジングが残る放置された特異な場所は、マヤー(猫)の死体を食べると噂されていたオバァの住む場面にぴったりです。現地は立入禁止です。
玉城村親慶原

 
 
ホテルハイビスカスの2階シーンは、ここ「ホテルおおさか」の3階で撮られたらしいです。中江監督の「ホテルハイビスカス」のイメージに一番近いホテルだった様です。
名護市大東
 
 
美恵子が、父ちゃんが働きに出ている、東村の具志堅さんのパイン畑を探している途中、出会ったおじぃにもらったのが「ぐしけんパン」の「なかよしパン」(だと思う…)
このパッケージを見ると、沖縄のカエルにはへそがあるらしい。
 

 
 
沖縄発 役に立たない写真集