石川市立歴史民俗資料館

石川市の歴史民俗資料館、市立図書館の2階です。
展示内容は、民俗資料については、他の市町村の博物館と同じなのですが、この石川市、元々収容所があった事もあり、戦後沖縄の政治、経済が発祥した地で、それに関する内容がとても興味深かったです。民俗資料については、他の幾多の資料館にまかせて、沖縄の戦後史について、もっと深く追求し展示されていった方が、資料館としての個性も出せて良いのではないかと思います。
また、丁度「史料展 旧南洋群島と沖縄県人−テニアン−」の展示が有り、これも、戦中戦後の、サイパン、テニアンの島々での沖縄県出身者の活躍などが判ってとても興味を引いたものの、もらってきたパンフレットを見ると、もう1週間も前に終わったはずの史料展で、単に片づけてなかっただけみたいでした・・・
得した感じですが、いかにも沖縄・・・(笑)
あと、沖縄最初の学校の始まりは、教育の為というよりは、米軍の車が止まるたびに、うわぁーーーと集まってくる子供達に、米軍さんがほとほと手を焼き、このままでは任務の遂行に支障があるから子供収容所の様なものは作れないかと、収容所にいた沖縄の教育関係者に相談した事が始まりだそうで・・・いつの時代もガキどもは・・・
で、最初の学校「石川学園」は、校舎、教科書、学用品、イス、机何もなく、砂の上に字を書かせて、読み書き算数を教えたそうです。この学校、現、石川市立城前小学校の前身だそうです。

他、展示物で興味を引いた、沖縄諮詢会規格ヤーについては、別ページにしました。

開館時間 9時〜17時、火曜休館。無料。

★石川市立歴史民俗資料館
http://www.city.ishikawa.okinawa.jp/section/minzoku/frame-minzoku.htm