塩せんべいの
邪道な新しい食べ方を

 

 
 
その素朴な味が大好評の、沖縄の伝統的な銘菓、「塩せんべい」ですが、戦後の西洋文化の普及と共に、このせんべいにチョコレートやマーガリンをつけて食べる食べ方が一般的になってきている様です。これぞ沖縄のちゃんぷるー文化を示す一つの例だと思い、これに敬意を払い、私なりに新しい食べ方を模索してみました。
 
 
「チーズ”塩せんべい”バーガー」。これぞ沖縄とアメリカの新しい味のコラボレーション! アメリカ人には受けるかもしれません。
 
 
アメリカ人向けというと、やっぱりこっちですかねぇ。「ビッグ”塩せんべい”マック」。

味の方は、私は、あ、意外にいけるかな?という感じでした。もしかするとJEFあたりで新商品として出してくるかもしれませんね。グルメな皆さんの評価をお待ちします。

ただ、「ビック”塩せんべい”マック」の食べにくさといったらありません。ハンバーガーの場合、バンズに弾力性があって、ビックマックでも食べやすいですが、これの場合なにぶんせんべいですので、仕方ありません。
  

   
塩せんべいバーガーを食べた後に残ったこのハンバーガーのバンズを見ると、なんとなく一抹のむなしさを感じますね・・・
  
 
  
 
 
沖縄発 役に立たない写真集