米軍宮里飛行場


(空から見た沖縄戦 沖縄戦前後の飛行場 より)


(名護市地形図 より)

名護市に米軍が作った、宮里飛行場です。
今の地図と比較してみると、海岸線は埋め立てられ、総合運動公園ができ、道路等もかなり変化が大きい様です。
この中で変化の少ないと思われるものは、地形図でいけば、野球場の上くらいから市街地の方へ走っている「本部循環線」と書かれている道路です。
これと照らし合わせて見ると、飛行場は、地図の第二球場とラグビー場との間の道を、そのまままっすぐ上がった所、本部循環線の「環」の字あたりから道なりにまっすぐ上がり、わかりにくいですが、左に墓地の有る陵あたりまでが滑走路の様です。

現地は住宅地になっています。
滑走路が有ったという目で見るからかもしれませんが、いかにも以前に滑走路が有った様な道路です。このまままっすぐに行った方向に、名護市立中央図書館が有ります。
ここで宮里飛行場を調べたのですが、上に入れた航空写真以外の資料は有りませんでした。

 
 
沖縄発 役に立たない写真集 >> 地図から消えた飛行場 >> 米軍宮里飛行場