沖縄海底電信線記念碑

読谷村渡具知にあります。
さすが天下のNTTが設置しただけに、ピカピカ光り輝いており、写真撮っても全部写り込んでしまって、訳わからない・・

碑文では、明治29年に、鹿児島から奄美経由で、ここ渡具知に海底電信線が引かれたそうで、以降、沖縄−本土間で電報が発着信できる様になったそうです。
明治30年には、ここを経由して、石垣、台湾ルート、明治38年に、南洋ヤップ島ルートが開通し、国際通信にも大きく貢献したそうですが、やはりここも、第二次世界大戦で破壊されてしまったそうです。
現在は別の所に回線が引かれていると思いますが、半世紀間のこの海底電信線の功績を称えて、昭和63年に建立されたそうです。

 
 
沖縄発 役に立たない写真集