沖宮

沖縄県護国神社の裏側に有る「沖宮」、「おきのぐう」と読むそうです。
こちらは古来から沖縄にある神社です。

沖縄の伝統的な建築の様です。
ここでお祀りされているのは
天受久女龍宮王御神(天照大神)
天龍大御神
天久神乙女王御神
熊野三神の
 伊弉諾尊
 速玉男尊
 事解男尊
末社に、住吉神社、弁財天宮、八坂神社、権現堂、祖霊舎
との事です。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)がATOKで一発で変換される事が解っただけでもこのページを作る価値が有ったと思います。
さて、ここの建立は、源為朝公時代とされているそうです。国家安泰、五穀豊穣、陸海交通安全の神、船玉王として、歴代琉球王及び沖縄の皆さんに尊崇されたとの事です。
当初は現在の那覇港内に有ったそうですが、明治41年に、那覇港築港の為、字安里に鎮座、昭和10年に国宝に指定されるも第二次世界大戦で消失。
戦後、沖宮創始の御祭神、即ち霊木の根は奥武山天燈山御嶽と神示を受け、昭和36年に通堂町に仮鎮座、昭和50年に現在地に御還座との事です。

さて、天照大神は「天受久女龍宮王御神」となっていますが、これはおそらく沖縄の古い神様と天照大神とが融合した結果でしょう。
また戦後の例でも、御嶽と神社とが一緒になっているのが、沖縄の宗教を表していると思われます。

こちらの狛犬は、まんまシーサーです。
 

沖宮の初詣

 
 
沖縄発 役に立たない写真集