パイプライン通り

那覇軍港から、普天間基地、KAB等へ油を輸送する為に、戦後まもなく米軍が敷設したパイプラインの上に出来た道だそうです。
元々道として設計されていないので、ジェットコースターの様に、上り下りがあります。最近まで、道路あちこちのど真ん中に、バルブボックスと呼ばれる2m前後のコンクリート製構造物が立っていて、よくそこに、ジェットコースターライドを楽しんでいたバイクや車が突っ込むという事故も起きていた様です。
今は改修が進み、普通の道に変わりつつ有る様ですが、あの乱高下はまだまだそのままでしょう・・

その昔、パイプラインに立っていた境界標です。
日陰になっていて見難いですが、日本語の方には「油線」と書いてあります。オイルラインという事でしょうか。

今でも道路に現役のパイプラインが走っています。
復帰前に埋設された、民間の送油管です。今のパイプライン通りとは違うところに埋設されています。

★県道251号那覇宜野湾線 パイプライン
http://road.s25.xrea.com/hwy251a.html

 
 
沖縄発 役に立たない写真集