佐喜眞美術館

普天間基地の一部を、美術館を作るからと返還してもらって建てられた美術館です。
展示は、丸木位里氏の「沖縄戦の図」がメインとなります。というか、いわゆる「美術館」を期待して行っては裏切られるかもしれません。ここでは「もの想う空間へ」と言われている様に、「沖縄戦の図」がご神体である、一つの宗教施設、寺院の様な所だと考えて頂いた方がしっくりとくるかもしれません。
また、ここから普天間基地が見下ろせるという話しを聞かれた事がある方もいらっしゃるかも知れませんが、実際は、少し見る事ができるという位で、基地の中を覗けるという事を期待してはいけませんし、こちらの施設にとっても、その様に思われるのは迷惑な事ではないかと思います。基地を見たい方は、嘉数台公園に行かれた方が良く見られると思います。

開館時間:9:30〜17:00 休館日:火曜日、年始年末
入館料:700円

★佐喜眞美術館
http://www.sakima-museum.org/

屋上の展望デッキです。日没線に合わせて作られているそうです。
屋上へは、受付を通らず、外からそのまま上がられますが、中を観覧しない方の、屋上だけの利用はご遠慮願っているそうですので、受付で入館料を払い、中で「沖縄戦の図」をご覧になり、ものを想った後に、ご利用下さい。

屋上デッキからの眺望です。手前にちらっと見えるのが米国海兵隊普天間基地。