行けない」

本当に海に行けないのか?
Vol.2
(糸満さつきの城)

糸満市大度にある、「さつきの城」という住宅地の入口に、黄色い「海行けない」の看板が有ります。この看板は、本当に海に行けないのか、それともただの脅しなのかの検証、その2です。
 
 
 

当たりを見回してみると、あったー!路地です!!コレは期待できそう!立入禁止の看板も無いので、早速GO!

 
 

排水処理場の様な所の横を通り、階段が下へと続いています。ああ、海が俺を呼んでるぜ!

 
 

見えて来ました!うみ〜!!

 
 

…っと、あれ?もう少しで海だというのに、フェンスが?

 
 

しかも、なんだかよくわからないけど、「米須地下ダム管理用施設」という事で「立入禁止」。フェンス沿いの道路がダム管理用施設なので立ち入るな、という事らしいです。侵入して事故が起きても責任は負えません、と書いてあります。地雷でも埋めてあるのでしょうか? とりあえず、ここで引き返すのも何ですし、危険を顧みず、立入禁止の管理用道路をフェンス沿いに歩いてみます。良い子はマネをしない様に。

 
 

ありました。フェンスに人が通り抜けられる個所が!こんどこそ、こんどこそ…

 
 

うみだ〜!!

で、ここ、来た事があるなぁ、と思ったら、「大渡海岸」だったんですね。

 

という事で結論

「海行けない」という訳ではない…

という事ですね。
国道331号から海に出るには、標識に従って「大渡海岸」へ至る道を通ると、ダイレクトに駐車場まで車で行く事が出来ます。「海行けない」の看板を無視して、海に向かってさつきの城内を走れば、車での通り抜けはできないし、駐車する場所も無いし、面倒ですので、事実上「海行けない」と思った方が良いかもしれません。

 

その1へ戻る

 

 
 
沖縄発 役に立たない写真集