沖縄陳列館跡

まず、沖縄陳列館ですが、これは今の沖縄県立博物館の前身に当たる施設で、1945年8月、米海軍政府の教育担当ハンナ少佐を中心に、当時沖縄戦で被害のなかった、石川市東恩納にあるこの民家を接収して、沖縄の貴重な文化財を蒐集展示した博物館施設だったそうです。
1946年4月、当時の沖縄民間政府機関である沖縄民政府に移管され、その後1953年、1945年に首里にできた、首里の博物館と合併し、首里へ移転し、琉球政府立博物館を経て、今の県立博物館へと発展していったそうです。今の県立博物館に有る国宝級の文化財も、一時期ここで展示されていたそうです。
戦後の沖縄文化の出発点ですね。

で、この一般の民家が、当時の博物館の建物です。1931年に建築されたそうです。現在も一般住宅として利用されています。

庭にあるこの庭園は、ほぼ当時のままの日本庭園だそうです。なお写真の真ん中にある灯籠は跡から加えられたそうですが、左の方は判らないそうです。

沖縄県立博物館

★沖縄県立博物館
http://w1.nirai.ne.jp/oki-muse/

 
 
沖縄発 役に立たない写真集