読谷村立歴史民俗資料館

一階が資料館、二階は美術館との事です。
資料館の方は、読谷独自の、花織と呼ばれる織物の展示、木綿原遺跡で出土した遺骨などが展示されてます。
同じ人間の遺体でも、そこら辺に転がってたら大騒ぎになり、その後、幽霊が出るだのなんだのという話が出てきますが、こういう所に展示してあると、皆さん興味深げにご覧になられてます。さすが7000年前の遺体ともなると、霊もぬけているのでしょうか。
というか、幽霊が出たり祟りがあったりするのは、御遺体になられてから何年の間でしょうね。全国の霊能力者の皆さんは、一度ご参集頂き、霊の有効期限を定めるべきだと思います。
さて、美術館は、常設展示は無く、その都度特別展示をされている様です。
入館料 200円。

★読谷村立歴史民俗資料館
http://www.vill.yomitan.okinawa.jp/shisetsu/siryoukan.htm
★読谷村立美術館
http://www.vill.yomitan.okinawa.jp/shisetsu/bijyutukan.htm