やちむんの里

読谷村の嘉手納弾薬庫跡地につくられた陶器の里です。山の中に点々と、陶工の窯元が並びます。

一番有名な窯元、人間国宝の金城次郎先生の窯です。しかし金城先生はもう創作活動からは手を引いておられ、現在ご子息様が創作されておられるそうです。

販売所の読谷山焼共同売店。作品はそれぞれの工房でも販売されている所もありますし、北窯とよばれる、ここの奥の工房にもあります。あまり商売気が無く、昼は休みます。

読谷山焼の共同登り窯。他に北窯の登り窯、読谷壺屋焼の窯があるそうです。

陶芸とは少し違うのかもしれませんが、この里にある琉球ガラス工房「宙吹きガラス工房 虹」

ここで稲嶺先生を中心に、皆さんが真剣に、機能的に作品を創っておられ、いつまでも見ていてあきませんでした。

「やちむんの里」では工房も見学できる所も多く、陶芸に関心の有る人は当然面白いでしょうし、陶芸とガラス工芸との違いも比較でき、焼物にそう関心の無い方にもお楽しみ頂ける所ではないかと思います。また、陶工募集の貼り紙も目につきますので、いっちょここらでチャレンジしてみようと思う方も、観光ついでに住み着いてみるのも良いかも知れません。

 
 
沖縄発 役に立たない写真集