飛び安里の飛行機

飛び安里初飛行顕彰記念碑の横に有る説明です。
もしこの、飛び安里が空を飛んだという伝承が事実ならば、何か記録や証拠が残っていないのか、また、いくら当時日本と琉球とに分かれていたとは言え、鳥人幸吉に比べて余り知られていないのか、が謎です。

この事で、南風原文化センターの方に色々とお話をお聞きしました。
当時も今も、突拍子もない事をしようとする人は奇人変人扱いに成る上、実際空を飛んだという事になると、世間を騒がせたと言う事で罪になり、事実この「飛び安里」も、牢屋に入れられてしまったとの事です。
ですから、今私たちから見ると、人類初の飛行を成し遂げた、世界に誇れる人物だ。もっと広く世間に認めて貰う事をしなければならないと思うのですが、安里家一族から見れば、この人は単なる変わり者、一族の恥という事になってしまい、これら事実が封印されてしまっていたという事らしく、その後近年まで一族の間だけで語り伝えられて来た伝説になっていたそうです。

また、飛行機の実物の一部や設計図の様な物も、大正時代までは残っていたらしく、当時、子孫である本家のオバァが家宝として大切に残していたそうです。
ある時、そのオバァの家に巡査がやってきて、ヤマトの陸軍省の偉い人が、飛び安里の事に興味有ると言っている。話を聞きに来るのできちんと受け答えをして欲しい…と言ってきたそうです。陸軍省の人は、世界で初めて空を飛んだ人が居るいう事に興味を持ち、純粋に話を聞きたかっただけだと思うのですが、この時代の事、オバァにとっては、「巡査」に「陸軍」。尋問でもされるのではないか、悪い事がおこるのでは…と心配したあげく、そうだ、これさえ無ければ関係ない という事をひらめき、代々伝えられて来た設計図や飛行機の一部などを全て燃やしてしまったとの事です。その後訪問した陸軍省の偉い方が地団駄踏んで悔しがったのが目に浮かびます。

さて、前置きが長くなりましたが、この封印を解き、もう一度当時の飛行機を復元し、飛ばしてみようという試みが、1999年に行われました。先の南風原文化センターの方よりご紹介を受け、当時復元を中心になってされた南風原町の町おこしグループ「すきです南風原・夢・未来委員会」会長の会社におじゃまし、御多忙の所貴重なお時間を割いていただいた上、色々と興味深いお話を聞かせて頂きました。

まずこの写真、今はバラされて保管されていますが、これはこのプロジェクトより先に、沖縄市の高校が作った復元機です。竹と布の様な物で作られてた、凧の様な物が見えますが、これが翼になります。
飛び安里がカラスをヒントに作った最初の飛行機を、できるだけ想像図に忠実に作り上げた物らしいのですが、強度的にも物理的にも飛ぶには無理がある物らしいです。
会長はこの復元機と、国会図書館の想像図を元にした上、現実に飛ばす事を目標に復元に取りかかったそうです。

そしてこれが、ここで制作され、実際に飛ばした復元機です。
こちらが翼です。
骨組みは竹、翼は、伝承では布にニカワを塗った物となっているそうですが、こちらはパラグライダーに使われる素材を用いてます。
翼の先端には南風原町特産の琉球絣が使われていますが、これは単なる飾りという訳ではなく、流体力学的に大きな意味があるそうです。
幅は8.6m有ります。

これはコックピットにあたる部分です。こちらも竹で作られています。上部が翼の断面の形になっています。この形で、翼を整え、揚力を発生させます。

会長が実際に作ってみられて思われた事として、これは一朝一夕で飛べる様になった物では無く、おそらくかなりの年月、試行錯誤が有っただろうという事をおっしゃってました。
飛び安里は最初、カラスを見て、同じ様にアヒルの羽翼に沢山くっつけた羽ばたき機を考案したらしいのですが、鳥をまねただけでは飛ばず、その後試行錯誤を重ね、グライダーの様な型にしていったのではないか、また、飛び安里と伝えられる人物が2人いるらしいのですが、この二人は親子なので、親子二代に渡って開発をしたのかもしれないとの事です。
遠い昔の、大きなロマンですね。

さて、復元作業チームは、飛び安里と同じく色々と試行錯誤をし、機体の調整を重ねていたそうですが、有る日テレビの生放送の取材で復元機の飛行をメインにしたいので、1999年3月27日のこの時間に御願いしたいという事で、突然飛ばす日時が決まってしまいました。そうなっては、事前にテスト飛行するにも、もしテストで失敗して、一機しかない機体を破損してしまったら取材もテレビどころではないという事で、ぶっつけ本番に…。
当日は沖縄ではこの時期には珍しい豪雨。設計上風速が5m無いと飛行は難しいのですが、無風。時間は刻々と迫り、このままだと、残念ながら飛行は中止。
ところが時間になれば、急に雨が上がり、4m弱の風も吹き出し、今しかないという事でチャレンジ! 結果は数秒間のフライトながら見事成功したとの事です。

★230年の時を超え「飛び安里」再び空へ/想像図基に復元に半年「伝承を実証できた」/すきです南風原・夢・未来委員会
(琉球新報より)
http://www.ryukyushimpo.co.jp/news01/1999/9903/990328c.html

★230年の時を越え「飛び安里」飛翔する
http://www.ii-okinawa.ne.jp/people/onatekko/tobiasato.html
大名鉄鋼様(お伺いした会社です。)のサイトより

南風原町役場のロビーに飾られた、飛び安里の飛行機の2分の1のレプリカだそうです。上の復元機も、組み立てると、だいたいこの様になります。。

飛び安里初飛行顕彰記念碑へ

 
 
沖縄発 役に立たない写真集